オープンソフトクロスツール × ルネサス製IPコア

オープンソフトクロスツールの使用を検討されている方へ

 ルネサス製IPコアを使ってファームウェアを開発する場合に必要な情報について、できるかぎり補足していきます。

 有志が運営しておりますため、サイトの記載内容に間違いがあったり、最新情報が発表されていたり、もし何かお気づきの点がありましたら是非ご連絡頂けると非常に助かります。

 なお、本サイトでは主に、H8/3048相当機能を実現している「H8S C3000H1」を搭載したARTY実機を使用してFreeRTOSの動作確認をしています。本サイトに掲載しているドライバ等についてはH8/3048のハードウェアマニュアルを参照しており、H8/3048と同様に使用できております。ボード上のリソースの割り当てに関しては、IPのインタフェース仕様書を参照しています。

このサイトの使い方

 ・ルネサス社純正H8Sコンパイラを使用してファームウェアを開発される方は対象にしておりません。ルネサス社のWEBサイトを参照してください。

 ・オープンソフトクロスツールを使いたいがどこにある?デバッガはどうすればよい?という疑問に少しでも答えていければ幸いです。