[1] 手始めに-H8Sルネサス社純正コンパイラを使う

このサイトの趣旨は如何にH8SのToolChainとしてGNUを使うか、です。

ですが、まず手始めに、簡単にH8S IPコア搭載ボードを動かしてみたい。。。

H8Sのルネサス純正コンパイラ+ルネサス社純正ICE E10A-USBエミュレータの組み合わせで試してみます。

IPとボード仕様をどうコンフィグレーションするか、というのはこのサイトの趣旨から大きく離れるので、以下の仕様でコンフィグレーションできた、というところから始めます。

1.環境

IPとボード仕様:
 CPU:H8S C3000S1
 FPGAボード:MAX10

MAX10ボード:

赤丸で囲んだところに、LEDが5つあります。
それぞれ、H8SのPA0,1,2,3,4と接続されているコンフィグレーションになっています。

という事で、PA端子を制御して、LEDを点滅させてみます。

使用ツールチェイン:
 ルネサス純正H8Sコンパイラ:
  以下サイトより評価版をダウンロード可能。
   https://www.renesas.com/jp/ja/software-tool/evaluation-software-tools

使用ICE(オンチップデバッギングエミュレータ):E10A-USBエミュレータ

2.プログラム

Hewの使い方説明は割愛しますが、Hewを使って空プロジェクトを作り、main()に簡単なプログラムを書きました。

void main(void)
{
char data;
int i, j;

 *((char *)0xfffeb9) = 0x1f; //Set PADDR

 data = 0;

 while(1){
    *((char *)0xffff69) = data;//PADR
    for(i=0; i<100; i++) for(j=0; j<10000; j++); //Wait a bit
    data += 1;
    if(data > 0x1f) data = 0;
 }
}

3.実機にダウンロードし実行

実機とE10A-USBエミュレータを接続し、ダウンロードしました。

接続図は以下です。

プログラムのダウンロード&実行領域としてH’000000 – H’000FFFを使って動作しました。この環境ではこの領域として、内蔵ROMがRAMで実装されているため、E10A-USBエミュレータから容易にダウンロードができます。

以下リンクから動作している動画が見れます。(2秒ほどですが)

http://0pf.org/wp-content/uploads/2021/05/LEDBlinking.mov