[2] Renesas H8 Toolchains(WinPC)で動かしてみる

WindowsPCにRenesas H8 Toolchainsをセットアップしてみます。

1. Renesas H8 Toolchainsの入手

以下のサイトから入手できます。

GNUH8 v12.02 Windows Toolchain (ELF)をダウンロードします。

https://gcc-renesas.com/ja/h8-legacy-toolchains/

#ユーザ登録が必要です。

2. インストール

ダウンロードしたGNUH8v1202-ELF.exeをダブルクリックするとインストールができます。

ここで一点注意ポイントがあります。Activation codeです。

このツールは、legacy Activation codeを入力する必要があるとの事です。

詳しくは、以下URLをご参照ください。

https://gcc-renesas.com/ja/documentation/what-is-the-activation-code-and-where-do-i-find-it/

3. Hewとの連携

インストール途中に、連携するツールを選択できます。

あらかじめ、Hewがインストールされていれば、Hewが選択できます。(図を取り忘れました)

4. HewでGCCビルド

まず、Hewを起動し、ファイルメニューから「新規ワークスペース」を選択します。

すると、KPIT GNUH8(ELF) が選択できるようになりました。

ワークスペース名、プロジェクト名を適当に入力し、次に進み、CPU seriesに2600, CPU typeに2655を選択します。

Operation ModeはAdvancedモードにします。次、どんどん進みます。

デバッガを選択する画面が出たら、H8S_custom_SoC E10A-USB SYSTEMを選択し、次に次に進むとワークスペースが作成できます。

一度、ここでビルドしてみます。

ビルドメニューから、「ビルド」を選択するとビルドできます。

次に、H8Sルネサス純正コンパイラ使用時に作成したLED点滅プログラムをmain()に書き込み、ビルドします。

いったんここで、プログラムのメモリマップを確認します。

セクションが見れるはずです。

ビルドメニューから、「KPIT GNUH8[ELF] Toolchein」を選択し、「Link/Library」タブを開き、Categoryとして「Sections」を選択すると見れます。

問題なさそうなので、実際にダウンロードしてみます。

ここでひと手間、デバッガとしてE10A-USBを使えるように設定が必要です。

デバッグメニューの「デバッグの設定」を選択し、上記のように設定します。

ダウンロードモジュールには、<workspace名>.x を選択します。ここではhellogcc.xです。

E10A-USBエミュレータと接続し、ダウンロードし、実行してみると、無事LED点滅しました。

5. ソースレベルデバッグ、ブレークポイント

ハードウェアブレーク、ソフトウェアブレークを使ったプログラム停止機能、Step実行、Watchウインドウ、メモリウインドウ、すべて動作しました。

いろいろとしようとすると制限が出てくるのかもしれませんが、ざっと見た感じではHewでGCCを使ってビルドしE10A-USBエミュレータでデバッグ、は大丈夫そうです。